2018年に何をしてきたか(後編)

2018年に何をしてきたか(後編)#interest_ae後編です。

7月

ガラケー解約

10年ほど契約していたガラケーを解約しました。もともと昨年2018年に解約しようとしたら「2年縛り」があり、2019年7月まで最低料金で寝かせたほうが良いですよとドコモショップに言われ、忘れずに解約しに言ったという感じ。

寝かせ期間を追加するとドコモ歴13年7ヶ月。さらにNTTパーソナルPHS時代を追加したら20年近くになる。長い。

今は、メインの iPhone X が Softbank です。Softbank は iPhone 3G 時代からそのままという経緯。iPad Proドコモ白ロムの Xperia X Compact  にドコモ回線の MVNO SIM を入れているので、ドコモ網は間接的に使い続けています。

灼熱地獄と水害と

例年のことですが東京は暑い。5月から汗をかく夏でしたが、梅雨を経て7月に灼熱地獄が牙を向きました。もちろん東京より暑い地域があることは知っているものの、東京は人が多過ぎることとコンクリートジャングルが体感温度と不快指数を全国上位に押し上げている気がします。

暑さに加え、2018年は各地で水害が発生したことも忘れられません。いわゆる「西日本豪雨」と呼ばれている平成30年7月豪雨は西日本を中心に全国各地で多数の被害を出しました。

北海道も水害に見舞われた地域がありましたが、私の地域はこのときは特に影響はありませんでした(9月の地震と北海道全域ブラックアウトについては後述)。豪雨の被害といえば2016年8月の平成28年台風第10号の悪夢がよみがえります。

会社のサーバルームは冷房で20℃以下に冷やしていたのですが、天井付近を走る謎のダクトから結露が起こってその対応に追われたりもしました。なにせ古いのビルなのでダクトが何の役割をしているのかは不明ですが、屋外の高温多湿の空気が流れ込んだことによる結露なのでしょう。

チーム内プログラミング勉強会、本格稼働

プログラミングが不得手なチームメンバーにプログラミングを教える、通称「インフラ&プログラミング勉強会」を本格的に開始しました。2017年12月から月1回〜隔月に1時間のペースで簡単なイディオムや最近のトピックを語る程度のことはしていたのですが、7月末より毎週2時間のペースにして文法からガッチリ教える方向に舵を切りました。

数年前から、四半期面談の度に本部長 (@norinux) から「インフラチームのメンバーにプログラミングを教えてあげて欲しい」といったことを言われつつ色々な理由をつけて断っていましたが、いよいよやらなくてはならないと考えて重い腰を上げた感じです。

本格始動からそろそろ1年となりますが、どれほどの効果が出たかは見方によって異なるでしょう。成果を出せたという自負もありつつ、1年経ってもオブジェクト指向の本格理解まで進めていないという落胆もあります。

何故、入社から数年間チーム内でのプログラミング教育を断り続けてきたかや、本格始動後にどのようなことをやったかは、また別のブログ記事で振り返りたいと考えています。

8月

ピーチ釧路、初就航

8月1日からLCCのピーチ・アビエーションが釧路空港と関西国際空港を結ぶ便を就航させました。たぶん、道東地方初のLCCではないかと思います。

例年9月は北海道の実家に帰省するのですが、それに合わせてこの便で関空まで行ってみようと計画して8月中にチケットを購入しました。

この後、9月に北海道と関空がとんでもない災害に見舞われることをこのときは想像していませんでした。

Twitter UserStream 廃止

Twitter の UserStream が廃止されたのも印象的でした。

Twitterと言えばリアルタイム性、そのリアルタイム性は UserStream によるものが大きかったため、この廃止は衝撃的でした。まぁ、サーバ側のことを考えると廃止したいという気持ちもわかりますが。

この件でリアルタイム性があるもの(放送番組、イベントなど)の実況スタイルが徐々に変わってくるかもしれません。

9ヶ月ほど経った2019年5月現在でも、Twitter の UserStream ほどのリアルタイム性がありかつ開かれた実況向きプラットフォームというものがどうも無いようで、Twitter の立ち位置は当初想像していたよりはずいぶん安泰だと感じています。

高校生向けプログラミング講座

所属している会社にて、毎月1回のペースでITエンジニア向けイベントを運営しています。

毎回趣向が違うイベントを打っているのですが、2018年8月は「未来のITエンジニア」である高校生向けにイベントを行いました。

connpass でイベントを公開しても高校生に届かないだろうということで、高校に向けて直接アプローチをする手法を取りました。

集まった高校生は5名。昨今の傾向を見ると男女比は半々くらいかなと予想していたのですが、全員が女性でした。

イベント運営チームで講義内容を議論したのですが、身近なものと密接な関係があった方が興味を引いてもらえるという私の提案で LINE BOT を作ることにしました。適したカリキュラムも見当たらなかったので、言い出しっぺの私が書き起こすことに。使用環境は Visual Studio Code、Node.js、Heroku といった感じ。

3時間の2時間ほどを JavaScript の本当に最低限の文法の解説に当てましたが、やはり LINE BOT の開発に入ったときの知識のギャップで驚かれてしまいました。3時間で LINE BOT はやはりハード。

この勉強会の内容はほとんど外部公開していないのですが、どこかで振り返り記事を書きたいです。講義内容を改良させて再チャレンジもしてみたいです。

スクエニカフェとサガシリーズ

私の誘いで、@kaz_hiramatsu さん @nishiru3 さんとスクエニカフェに行ってきました。ちょうど話題になっていたサガスカーレットグレイスのコラボカフェへ行こうという企画。

https://twitter.com/xtetsuji/status/1035474460248170498

そうこうしているうちに9月になっていました。

好評でした。普段自分から積極的に誘うことは少ないのですが、厚かましく誘ってよかった。

9月

関空崩壊

9月4日、台風21号襲来で各地に甚大が発生しました。特に印象的だったのが関空連絡橋にタンカーが衝突して片側車線が崩壊したという事故。

9月下旬に釧路から関空への航空券を購入していた私は、内心大丈夫なのかと心配ばかりしていました。

この数日後、関西の心配をしていられないほどのことが北海道で発生するのですが…。

北海道地震とブラックアウト

9月6日の午前3時過ぎ、北海道胆振地方を巨大な地震が襲いかかりました。北海道胆振東武地震です。

厚真町を始めとする胆振地方は震度7の凄まじい揺れでしたが、私の地元の十勝地方は揺れ自体はそこまで大きくはありませんでした。雪国の頑丈な家に、たびたび襲いかかる十勝沖・浦河沖、釧路沖の地震で震度5程度であれば次の日にはニュースにならなくなるほど。

とはいえ、この地震で苫東厚真火力発電所が停止して北海道中が丸1日以上停電した(ブラックアウト)ことは驚きでした。気温が氷点下以下になる真冬でなかったのは不幸中の幸いでした。

オール電化な実家は結構大変だったようです。とはいえ、冬季の停電に備えて石油ストーブを常備していたり、停電時のリスクは前々から考えていたつもりだったようですが、長期間の停電は色々大変だったようです。

病院や報道機関がある重要な街区から順次復旧していきましたが、私の実家が復旧したのは地震発生から翌日の夜でした。

この長期間の停電で底力を見せたのはさくらインターネットの石狩データセンター。自家発電設備を見事動かしきって、ほとんどのサーバを可動させ続けることに成功しました。本当にスゴイ。ちなみに、2019年5月現在このブログサーバ (post.tetsuji.jp) を稼働させているのもさくらインターネットの石狩データセンターです。

震源地から近かった新千歳空港も震度6の地震に襲われ、地震当日は空港機能を完全に失ってしまいました。その他の空港も停電による影響で数日間は混乱があったようです。

たまたま @ytnobody さんが函館にいて、ジンギスカンを楽しんでいた(停電で冷蔵庫が止まったので肉はすぐに消費しないといけないため)のが羨ましかった(?)です。

@ytnobody さんだけでなく、LINEグループで連絡を取り合っていた高校時代の友人達も非日常を楽しんでいたのが印象的。道産子気質とでも言うのでしょうか。

関西国際空港も連絡橋が9月中旬には片側3車線で復旧、被害が大きかった第1ターミナルも復旧となり、私は無事に釧路空港から関西国際空港へ向かうことができました。

Perl入学式サポーターオンリーミーティング

9月29日(土曜日)にPerl入学式 in東京 のサポーターだけを集めてミーティングを開催しました。

普段はオンラインで各種議題を進めているPerl入学式のサポーターですが、実際に顔を合わせて議論した方が進みが早そうという話もあって時間と場所を押さえました。

開催したのは土曜日の午後というおなじみの時間ですが、受講生はいません。受講生が参加する通常のPerl入学式では時間が無くて出来なかった各種議論を進めることができました。

時間と場所が確保できるなら、もっと気軽にサポーターオンリーミーティングを開催してもいいかなと感じました。

****** 以下書き途中 ******

10月

技術書典5

徐々に話題になっていた技術書の同人誌即売会「技術書典」の第5回イベントに行ってきました。

来場者数は6000人以上!人混みは本当に苦手な田舎者なのですが、この数時間は頑張りました。

今回もまた(スクエニカフェに引き続き) @nishiru3 さんと @kaz_hiramatsu さんを誘いました。IT技術以外にも数学や物理学にも広げた技術話が出来て面白かったです。人混みがすごかった会場は1時間程度で離脱、その後は近所にあるジュンク堂書店池袋本店に繰り出して延長戦。数学や物理学の書籍を物色しました。

ご縁があり、既刊「DNSをはじめよう」で話題の @mochikoAsTech さんの技術書典5での新刊「AWSをはじめよう」の書評を書かせていただきました。@mochikoAsTech さんにご挨拶することも今回の目的の一つでした。

漢字の誤変換が多いですが、「技術書典」が正しいです。私も間違えていました。

KSKロールオーバーとDNS本

日本時間で2019年10月12日、DNSのルートサーバに関する変更であるKSKロールオーバーが行われました。

 

シェアサイクル、自転車が枯渇

DDoSから軽トラ横転まで

11月

タリーズ、帯広にオープン

3階個室オープン

牡蠣の会再び

12月

NEOGEO mini 購入

京都、大根焚き

Perl入学式から停電対応

忘年会と納会

iPad Pro 購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください