MacBook Air でハズレのLG製ディスプレイを引いた場合の対処方法

MacBook Air でハズレのLG製ディスプレイを引いた場合の対処方法#interest_aeおがた (@xtetsuji) です。

2014年4月、個人でも会社でも「MacBook Air 13インチ 2013年モデル」を使っています。中のSSDのサイズが違うくらいで、あとはほとんど同じスペック。2014年1月に会社で使いたい機種を選ばせてもらえることになったとき、個人で使っているものと違うのがいいかなぁと一瞬思ったけど、まぁ同じ方が色々と無難かなと思った結果です。個人で買ったのは2013年6月、発売すぐです。

とはいえ最近気づいたのですが、会社で2台並べてみると、ディスプレイの色合いがぜんぜん違う。最初は会社のMacBook Airは外部ディスプレイに接続しているからカラープロファイルが違うのかなとか適当なことを思っていたのですが、個人で使っているMacBook Airの色合いの悪さが日に日に気になっていたので検索してみたら、見事にそういう記事がありました。

この記事は2012年モデルについての解説ですが、2013年モデルでも同様です。

Macでディスプレイの製造メーカーを調べる方法

ターミナルで以下のコマンドを実行すると、ディスプレイの製造メーカーが分かります。

ioreg -lw0 | grep IODisplayEDID | sed "/[^<]*</s///" | xxd -p -r | strings -6

もし「stringsコマンドが無い」といったメッセージが出てXcodeを入れるのに抵抗のある方は、システムに標準で入っている perl が使えます (2014/04/09 追記)。

ioreg -lw0 | grep IODisplayEDID | sed "/[^<]*</s///" | xxd -p -r | perl -E '$str = do { local $/; <>; }; say for $str =~/([x20-x6f]{6,})/g'

stringsコマンドはXcode Command Line Toolsが必要なようです。

stringsにはXcodeが必要

出力される結果は以下のパターンがあります。

  • LPから始まる文字列 → LG製造 → ハズレ
  • LTH、LSNから始まる文字列 → Samsung製造
  • Bから始まる文字列 → AU Optronics製造

自分個人のMacBook Airで実行したら以下の結果になりました。

LP133WP1-TJA7
Color LCD

見事にハズレorz。

会社のディスプレイは以下の結果になりました。

LSN133BT01A02
Color LCD

Sumsung製。やはり発色が良いのはこの違いだったか…。

具体的に言うと、LG製のディスプレイは白も黒もしまりがない感じになります。Sumsung製のディスプレイを見慣れると、薄ぼけた感じになるというか…。

ありがたい事に、LG製のハズレのディスプレイの発色をマトモにする方法があるということで、早速やってみました。

ハズレのLGディスプレイで発色をマトモにする方法

以下の方法はLG製のハズレのディスプレイへの方法です。他のアタリのディスプレイに施す必要はありません。逆に色が濃くなりすぎて見づらくなるのでやめたほうがよいでしょう。

  1. 有志が補正したプロファイルをダウンロードします。
  2. Finder で “/Library/ColorSync/Profiles/Displays/” を開く。さっきターミナルを開いているなら、open /Library/ColorSync/Profiles/Displays/ というコマンドを打てばOK。
  3. ターミナルで開いた Displays フォルダに、先ほどダウンロードした CustomMacRumors.icc をコピー。ここで認証が求められますが、適切なものなので承認します。
  4. システム環境設定 → ディスプレイ、と進みます。
  5. 「カラー」タブを開き、「このディスプレイのプロファイルのみを表示」のチェックを外します。表示項目が増えますが、下にあるほうの「カラー LCD」を選択します。
  6. 選択した途端に色鮮やかになったら成功です。黒色のしまり具合を見てみると違いがよくわかります。

チェックボックスを外して増えたカラープロファイル群

認証ダイアログが出た場合には「認証」を押して、管理者パスワードを入れて進めましょう。

Displayには認証が必要

これでLGのハズレディスプレイでも色鮮やかなMacBook Air 13インチ 2013年モデルになりました。Sumsung製のディスプレイと並べても遜色の無い色合いになりました。

その他

AppleがSumsungと喧嘩をしていることは有名で、今後はSumsung製ディスプレイの供給は減っていくのかもしれませんが、そこのところどうなんだろう…。

LGといえばNexus 5を作ったところとして記憶に新しいです。ただ、Nexus 5 の液晶ディスプレイには特に不満を覚えないのですが、これはLGが製造していないということなんでしょうか。それとも比較対象が無いから分からないだけとか?

参考

その他にも、検索をしてみると世界中で話題になっているようです。

比較対象が無くて、特にLG製でもいいやと思っているMacBook Airユーザの方、面倒がらずにカラープロファイルを入れ替えてみたら、見違えるほどMacBook Airの向こうに広がる世界が良くなりますよ。

MacBook Air でハズレのLG製ディスプレイを引いた場合の対処方法」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 帰ってきたネコブログ » MacBook Airの液晶のプロファイルを変えてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です