WordPressのWXR形式とPosterousからのインポート

WordPressのWXR形式とPosterousからのインポート#interest_ae2013年4月末に終了したPosterousというブログサービスから、借りているVPSに手作業でインストールしたWordPressに記事を移した際に行った事のメモ書きです。もうPosterousというものは世の中にはないけど、手法としては参考になるかもしれないし、自分への覚え書きとして残しておきます。

WordPressでは、インポートやエクスポートの形式として WXR形式 というものをサポートしています。RSS+αといった感じ。用途としてはMovableTypeのMT形式のようなものでしょう。

Posterousもさすがに終了時に記事をZIPでエクスポートできて、その中に wordpress_export_1.xml というファイルがあったので「あぁこれはWXR形式なんだな」と思っていたんだけど、3ヶ月放置してマズイマズイと思ってWordPress設置してWXR形式としてインポートしたら見事にエラーが出た。参った。これは妥当なWXR形式じゃない!

PosterousのエクスポートZIPには、中を見ると1ファイル1記事となったPosterous独自と思えるXML形式があったので、とりあえずメールのような「ヘッダ、空行区切り、ボディ」といった自分独自のテキストファイル変換した

XMLは見づらいし扱いづらいので、メールっぽいUTF-8テキストファイルになれば、後はWordPressが受け付けてくれるWXR形式を作ればいいだけになる。今回は WXR(WordPress eXtended RSS)から記事をインポートする方法 – (DxD)∞ というページを大いに参考にさせてもらった。記事中のWordPress(2013年8月現在バージョン3.6)もWXR形式もバージョンが古いけど、それでもうまく行った。XML文字列をテンプレートにして、渡した独自形式テキストファイルの数だけitem要素を反復するスクリプトを書いて動かした。

タグやカテゴリのインポートは面倒なので諦めることにした。たかだか40くらいの記事だし、元々がタグやカテゴリの設定に不満なこともあって、取り急ぎインポート出来ればいいやと思った次第。タグやカテゴリ、あと欠損した画像とかは手作業でやると割り切りました。

40記事くらいであれば本当に全部手作業でインポートしてもいいかなと思ったけど、WordPressの投稿インターフェースでは過去の投稿日で投稿することはできないことが分かったので、WXR形式を少し真面目に作ることにしました。これはパーマリンクを “/?p=数字” ではなくて “/年/月/ポスト名” などとしている場合に響いてくる話。MySQLのWordPressのデータ構造を読みといて…というのも、テーブル数が少ないWordPressであることもあって出来なくは無さそうかなと思ったけど、WXR形式を作るほうが安全だろうなと思います。

他のPosterous難民は、Posterous終了直前にWordpress.comやTumblrから救済措置としてPosterous APIを使ったインポートツールを提供したので、そっちに移行したか、コンテンツを失ってしまったかのどちらかなのかなと思います。私も一応 post-tumblr.tetsuji.jp というTumblrに一時避難させました。ただ、こちらはしばらくしたら閉鎖したい。あと、PosterousのパーマリンクがWordPressとは相容れない形式だったので、URLとしての一意性を失ってしまったというのは痛い。独自ドメインでやっていたので、そういうリンクを拾おうと思えば拾えるのだけが救い。これをApache+mod_perlで拾って適切なリンクに誘導する方法も考えているので、後々のブログネタにする予定です。

もし将来的にWordPressから別のブログサービスに移行したくなったときも、たぶんWXR形式が役に立つんじゃないかな。永続性の担保されないサービスへデータを預けると、後々大変になるかもという話でした。

4月末から3ヶ月以上アウトプットの場を失っていた感じでしたが、いよいよ復活。これからアウトプットもどんどんしていきます。以前にさかのぼって記事を書いたり、いろいろはかどりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です