2013年を振り返る

2013年を振り返る#interest_aeおがた (@xtetsuji) です。

2012年にもそういうブログ記事を書いていたので、今年も振り返ってみようかなと。あまり振り返る事柄がないような気もしますが…。振り返り方を時期単位から事柄単位してみることにしました。そのほうがまとめやすいので。

気がついたら年末

今年は長かったような短かったような。今年始めに起こった出来事がとても昔に感じることもあれば、突然年末になっていたといった感じもあったり。この記事を書く直前まで、今日が大晦日だなんてあまり理解していなかった。それは後述。

コミュニティ活動3年目とYAPC::Asia Tokyo2回目の登壇

2011年7月から始まったITエンジニアとしてのコミュニティ活動も2年目。2010年に転機があってクローズドな活動を続けていてもダメだと引っ込み思案な自分を一発奮起させてきましたが、やり始めると面白くなって、今では人前で話すことも全然平気になりました。人って変わるものですね。

コミュニティ活動で知り合った人達は徐々に増えて、2013年の終わりごろに色々な形でその結果が形として見えるようになってきました。

9月のYAPC::Asia Tokyoにも登壇。昨年に続き2回目。凝りもせず古いネタをぶつけていきましたが、逆に「新しいもの=善、古いもの=悪」という図式が必ずしも当てはまらない場合もあるという部分を示せたことや、レガシーに色々な事情で縛られている方の相談窓口としての役割ができたことは良かったかなと思います。スライドの完成度や聴衆の反応自体は昨年の発表時のほうが良かったかなと思っていて、昨年の自分に負けた気分が少ししました。

地域.pmをはじめとした多くの勉強会・イベントにも参加させていただきました。その中でも「Perl入学式」は、自分がサポーターとしてプログラミング初心者をサポートするという役割が非常に新鮮でかつ刺激的で、つい自腹でサポーター常連となってしまいました。

Hachioji.pmには何度も参加しているのですが、Hachioji.pmメンバーと夏に高尾山に登ってビアガーデンに行けたのは良い経験でした。この帰りに温泉に行こうということになって八王子に温泉を発見して、Hachioji.pmの温泉ハッカソンが始まったのだと思います。温泉ハッカソンのほうは出席できていないのが心残り。

職質テックトーク#3にも出演させていただきました。ラジオのゲストみたいなの初めてだったので、新鮮でもありましたし、壇上に立つより緊張しました。貴重な経験色々です。

仕事の比重がかなり低かった

今年は仕事の比重が色々な事情で低かったのも印象的でした。ある意味暇だったし、ある意味仕事したかったし、またある意味もっと研鑽できるチャンスを逃したなという反省もありました。

公にできる情報・できない情報ありますが、いくつかの要因としては

  • 後輩にルーチンワークを完全に引き継いだ
  • 新しいものの導入がはかどらなかった (これは私の戦略ミス)
  • 降ってくる新規開発案件がほとんどなかった
  • 体調不良によるもの

といった感じでしょうか。

2009年から2010年にかけても仕事の比重というか本業であるITエンジニア・プログラマらしい仕事が少なかった時期でもありました。これは公開情報にも現れていますが、会社がその時ちょうど縮小傾向で、サービスを閉鎖したり売却したりといった作業ばかりをやっていた時期だったからです。片付け屋さんであったり、売却先会社への引継書を延々と書いたりといった仕事は、自分や仲間が作った愛着のあるサービスを潰していくという、忙殺されている以上につらい部分もありました。

その分、コミュニティ活動を充実させて、プログラミング力を衰えないようにしようという意思で活動はしていましたが、勉強や実践が足りなかったなという反省があります。これも私の戦略ミスで反省している部分ですが、コミュニティ活動と仕事の両輪をうまく連携させて回せず、会社にメリットをなかなか生み出せなかったのも反省すべき点でした。

その分、後輩教育に力を入れて、後輩が劇的に成長したことは良かったなと思っています。

趣味のイベントへの参加も充実方向へ

クラシック音楽鑑賞が趣味なので、前々からNHK交響楽団のコンサートにはよく行っていたのですが、今年の後半は金銭的余裕があまりなくて、遠ざかってしまいました。ピンポイントでは行っていましたが。

年始にニコニコ生放送で放送された伊藤賢治さんらによる有料ライブ「One Night Re:Birth」が素晴らしく、非常に価値のある投資でした。趣味の幅は広げていきたいと思った次第です。

昨年も恐る恐る出てはみたのですが、声優さんのイベントにも一つ行ってきました(「RIM祭〜今日はみんなと学園祭〜」(@RIM0u0) に行ってきました)。これもよい体験でした。

あと、新しい行きつけの喫茶店というのもいくつかできて、その中の「中庭ノ空」というカフェで行われたパン教室&ライブに参加したのも興味深かったです(カフェ「中庭ノ空」で開催されたパン教室に参加してきました)。

英会話スクールの類に行きたかったり、料理教室に通いたかったり、ピアノを習いたかったり、色々と興味は尽きないのですが、金銭的余裕がなくてその辺りまでは手を伸ばせなかったのを2014年は打開して視野を広げていくつもりです。

小さなイベントの主催をしたりもした

会社の飲み会や、ITエンジニア同士の飲み会など、小さなイベントの主催というか幹事をしたりもしました。参加しているだけじゃなく、催していく方向でも積極的になりたいという気持ちがあったので。どのイベントも参加者が結構いてくれて、楽しいイベントになりました。特に #xtcup は思い出深いイベントになりました。

主催でなくとも、小さな飲み会には積極的に参加して幹事を助けたりすることもありました。

あずまさん (@ytnobody) と新しいユーザーグループを立ち上げたりもしました。例えば「Postfix友の会」とか。これひとつだったかな?ただまだ活動実績が足りないので、これは2014年の課題ですね。その他にもあずまさんにはお世話になりっぱなしの一年で、PerlBeginnersでのUstreamサポートであったり、Machida.pmの盛り上げ役であったり、今後とも応援とも迷惑ともつかない形で賑やかしであったり金銭的協力であったりといった支援を続けていきたいと思います。

「北海道つながりIT飲み会」とスカイアーク

スカイアークの小林社長が東京で主催する「北海道つながりIT飲み会」という会が何回かあって、それへの参加をして、関東圏に住んでいる北海道出身者との親睦を深めたり、東京や北海道の実情を知れたりといった良さがありました。

YAPCでも小林社長とは雑談させてもらえたのですが、本当に勢いのある方で、話の一つ一つに未来を感じることばかり。中の人視点ではまた違うのかもしれませんが、外の人視点としては小林社長はスゴイと思わされ続けた一年だったし、今後ともスカイアークは絶賛応援していきたい企業であることは間違いないです。本社は私の地元ですし、愛着もあります。

暑さと心労と

今年の夏は本当に暑かった。死ぬほど暑かったというか世間では熱中症で実際に被害出ているくらい。

暑いのと関係があるのか分かりませんが、暑い時期に色々と心労が重なることが多くあって、梅雨の5月から暑さが収まりかける10月まで、相当個人的につらかった時期でした。実際に暑さと心労で何度も体調を崩しました。

心労にも色々原因があって分析をして改善しようとするのですが、結局私の力では改善できないということが分かって全てを諦めたのが外が涼しくなりはじめた10月でした。この辺りの話は反省点も多い恥ずかしい話ではあるので、今度飲み会で一緒になった人にでもこっそり話そうと思います。飲み会誘ってください。

Posterousの終了とブログの移転

2011年からブログを載せていたPosterousがTwitterに買収されて、Posterousサービスが終了してしまうという事態に。驚愕しました。これで一気に商用ブログサービス不信になって、自前でWordPressをインストールしてブログを移転することにしましたが、なかなかはかどらず。結果、5月からブログを書かない数ヶ月というのが久々に生まれたのですが、その後WordPressが軌道に乗ってからは、それを取り戻すかのようにブログでのアウトプットを増加させていきました。WordPressの記事投稿インターフェースがPosterousよりも便利だったとか、そういう理由もありますね。

あとは、Twitterは情報量としては少ないし、FacebookなどのSNSといった閉じた場所に公開しても問題無い情報をあえてSNSに投下する理由が見いだせなくなって、短文はTwitter、長文はブログに書くように心がけました。Twitterは好きですが、正直FacebookとかSNSの類はそれほど好きじゃない。今までクローズドに活動していて結果良い思いをしなかったので、この「ブログ回帰」とも言える流れは私の既定路線だったのかもしれません。

デジタルガジェット買い控え

何度も繰り返しているような気がしますが、とりあえず金が無かった。新機種が出たら毎回買い換えるiPhoneも、今回5sは買いませんでした。YAPCで忙しくて買うタイミングを逸したというのもあります。

欲しい物はあるものの、部屋に溢れかえったものが新しいものの流入を拒んでいる部分もあるので、断捨離をしないといけない時期なのかもしれません。今年も大掃除的なことは全然できなかったので、2014年新年掃除をしたいと思います。

Amazonのウィッシュリストには色々なデジタルガジェットが並んでいますが、これほど買い控えをしたのも久しぶり。理由は色々あるし節約にもなっていいじゃないかという意見もあるかもしれませんが、IT業界に身を置いている人間として新しいものをウォッチできないと取り残されるのは必然なので、この点は反省すべき点であると思います。

反省を活かして、年末になってNexus 5を買いました。今まで安かろう悪かろうなAndroid端末は2機種くらい持っていたのですが、良質なNexus 5でAndroidの勉強も徐々にしていきたいです。

周囲で病気の一年

親戚が何人も病気で入院したり手術したりしました。付き添いや医師から説明を受ける母が大変だったそうです。地元の話なので私が手出しすることもできず、私は母と電話しながら断片的な情報に心配したりするだけでした。

そんな病気の人達も無事退院してホッとしていたところで、今度は自分が緊急入院するはめになるとは…。病院のベッドの上で「まさか今年のトリを飾るのは自分だとは思わなかった」と何度も思っていました。今度はこっちの断片的な情報で母を心配させてしまったし、身寄りのない自分は死活問題だと思って意識のあるうちにTwitterに同報通信的に状況を書いていったら、これも多くの方々に心配してもらうことになってしまったりと…。ありがたいやら申し訳ないやらといった年末でした。おかげさまで12月24日に無事退院できました(入院中、そして伝えたいこと少し)。

年末のN響第9と札幌遠征

退院時期が未定で年末年始の予定が危ぶまれましたが、なんとか退院して、年末のN響第9公演に行って心の洗濯をしてきました。

Hokkaido.pm#11の関係で札幌入りするための全ての移動手段と宿泊手段は押さえていたので、それが無駄にならなくて良かったです。札幌では退院時に処方された徐放性鉄剤の副作用でとても体調が悪かったのですが(食事をきちんと選んでいたので、病気であった胃の調子は良かった)、Hokkaido.pm#11とその懇親会などPerlプログラマーの方々との交流(Hokkaido.pm#11 に参加してきました #hokkaidopm)、札幌にいる高校時代の友人と初めて会う彼の友人達との交流、そして札幌に住んでいるいとこと久々に会話したり、充実した札幌滞在ができました。

そして例年通り、無事に実家に帰省してこのブログ記事を書いています。終わりよければすべてよし!

2014年はどういう年にしたいかといった話は、2014年になってから書くことにします。みなさん、良いお年を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です